IT社会は私たちの生活を非常に便利にしました。インターネット通販を使えば、昔だったら必死になって情報を集めて電話をしてその商品を手に入れるとか、ごくごくわずかしか流通していない商品を常に実店舗をはしごしてどこにあるのかを調べなければなりませんでした。ですがインターネットでは自宅にいながらにして遠くのものを難なく変えますし、流通量が少ないものを手に入れたければネットオークションを使えば良いのです。

しかしそうした便利な社会になる一方でその波に取り残されている人がいます。そう高齢者です。高齢者にとってITというのは生まれた時から慣れ親しんだものではなく新しくやってきたいわば「異物」とも言うべき物。ですからそれになれることが苦手なのです。ですからこれからの高齢化社会にはITという新たな技術を高齢者にわかるやすく利用させることが新たなビジネスの典型になるのではないでしょうか。最近はタブレット型端末が台頭するようになり高齢者でも直感的な操作が可能なことから人気度が上昇しています。

若い世代にとっては子供の頃から慣れ親しんでいますが高齢者にはまだまだ遠い世界の話。ですがその遠い世界を近くに持ってきてあげれれば十分高齢者にもITに慣れ親しむことができます。新たなユーザインターフェースを用いたOSが発売されたり大型画面を搭載したタブレット型端末が巷に出回るようになり、廉価で購入することも可能になりました。みなさんもぜひ一度高齢者でも使いやすいITについて考えてみてはいかがでしょうか。’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です